活動報告 [activities report]

2016年度報告

ディマ・マノ校への支援。

鉛 筆
1人5本(1年生)  ×200人 
計1,000本
消しゴム
1人2個(1年生)  ×200人 
計 400個
ペ ン
1人10本(2〜8年生)×200人 
計2,000本
ラジオ
全校生徒で使用する教材ラジオ4台を寄贈させていただきました。
現地の様子

■活動報告動画

2015年度報告

現在の支援先は、「ディマ・マノ校」です。

子供たちが、今、一番必要としているものとして、図書館に置くための参考書や書籍135冊を支援しました。
また、特に貧しい150人近くの生徒のために、ノート1000冊もあわせて支援。
1〜4年生には年間約5冊、5〜8年生には年間約10冊のノートが配布できる事になり、
子供たちにとても喜ばれました。

現地の様子

また、2010年にノートパソコンを寄贈した「Dire Highland Floraバラ農園」が残念ながら閉鎖に至りました。
返却されたPCは日本大使館とNGOプランインターナショナルを通じ、「コタリ小学校」「ミアジア21小学校」の2校に、改めて寄贈させていただきました。
品物が戻るのは極めて珍しい国ですが、たくさんの方々のご尽力でPCが蘇りました。

現地の様子

■活動報告動画

2014年度報告

新たな支援先は、標高2,100m に位置するオロミヤ州セベタ地域の、2004年に設立された公立校「ディマ・マノ校」となりました。

高地のため肌寒いこの地域ではセーターは必需品ですが、買い求めることのできない子供たちからのリクエストで今年はセーター(制服)を支援することになりました。
9月の新学期に全校生徒482 名(小学生432 名・幼稚園児50 名)に支援しました。

現地の様子1

■活動報告動画

2013年度報告

子どもたちの未来のために、ブラグディナ校を支援しました。

寄贈した教科書や教材が生徒の学力向上に繋がり、進学のための全国学力テストで
8年生全員が合格を達成したとの嬉しい報告を受けております。

現地の様子

2012年度報告

私たちの支援している地域・学校の環境です。

アレムゲナ地域の8年制のブラグディナ小学校と保育園。

現地の様子1

Back to Top